「空き家管理」ってなに?

2015年5月26日に、空き家対策特別措置法が全面施行されました。

内容には、各自治体(市町村)による立ち入り調査や「特定空き家」に対する指導・勧告・命令・代執行・過料の権限も盛り込まれ、今後空き家所有者の対策と管理の必要性が出てきました。

1.空き家管理事情について

総務省「平成25年住宅・土地統計調査」引用:総務省「平成25年住宅・土地統計調査」より

この空き家対策特別措置法では…

(1)倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
(2)著しく衛生上有害となるおそれのある状態
(3)適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態(※1)
(4)その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

(※1)これは築年数がさほど古くない家にも当てはまり、新築でも転勤などでしばらく家を空ける事で、この状態と判断される事も予想されます。

上記のような状態であると「特定空き家」に指定され、各自治体(市町村長)が危険と判断すれば所有者に対して、修繕や取り壊しを命じる事が出来ます。また、一定の猶予期間を過ぎても所有者が応じない場合、各自治体(市町村)による行政代執行により、生活環境の保全を図ることが出来るとしており、いずれにしても高額な費用が掛かることが予想されます。

さらに税制面では、今までその土地に古い建物でも建っていれば、固定資産税が最大1/6・都市計画税が最大1/3軽減されていましたが、「空き家対策特別措置法」により、この「特定空き家」とみなされた場合、固定資産税の軽減措置の撤廃決定により、今まで払っていた固定資産税が大幅に上がることが予想されます。

皆さんの大切な資産である家を守るためには、
空き家を管理する事が重要になってきます。

2.人が住んでいないと家ってどうなるの?

空き家は劣化が早い!?

空き家は劣化が早い!?「家は人が住んでいないと劣化が早まる」と、聞いたことはありませんか?

その理由は・・・

1)換気が行われない

換気が行われない人が住んでいる時には、人の出入りによるドアの開け閉めや、空気を入れ替えたり風を通して涼しくしたりと窓の開け閉めが行われ、換気が行われます。また、換気扇も使われたり、人が動く事で空気の流れがおこったりします。
しかし、人が住まない空き家は、この換気が行われなくなります。そのため、空気がこもり、梅雨時期などは湿気が溜まってしまいます。特に最近の家は、すきま風が入らないよう作られているので、閉め切ったままだと湿気が溜まりやすいです。
湿気が溜まるとカビなどの菌が発生します。木造住宅だとこれらが木材を腐らせ、シロアリなどの被害にも繋がります。そして虫がわくとそれをエサにする蜘蛛が出たり、ネズミやヘビが出たりする可能性があります。

2)水道が使われない

水道が使われない水道が使われないと排水管の水が蒸発し、乾燥するため下水の汚臭や虫が上がってきます。また、その排水管にあったヘドロや異物も乾燥して硬化していくと、排水管の劣化に繋がります。また、水の流れがないと水に含まれる石灰などにより、給水管に沈殿物が発生する事もあります。水回りで使われているゴム栓も、水が使われないと乾燥して劣化が早まり割れてしまう事もあります。

3)掃除や手入れがされない

掃除や手入れがされない人が住まないと当然ながら掃除や手入れがされなくなります。ホコリは虫を発生させたり、物を劣化させたりします。物は手入れをされる事により長持ちします。湿気や掃除をしない事で発生してしまったカビは、一度発生するとすべて除去するのは至難の業です。日々の掃除や手入れによってホコリやカビの除去が行われているため、人が住んでいると家にとって良い状態が保たれるのです。

4)修復がされない

修復がされない人が住んでいなければ、もし雨漏りしていたり、壁にひび割れができていたりしても気づく事ができず、修復されません。その修復するべき箇所が放置されると、さらに家の劣化を招く事になります。また修復されず老朽化が進んだ家に台風が通ると、家屋の倒壊、建築材などが飛散するがあり、人の身体もしくは財産に被害を与える恐れがあります。

このような理由で空き家は人が住んでいないと
劣化が早まってしまいます。

3.では、どうすればいいの?

日常の家のお掃除は皆さん、ご自身でされていますよね?

実はそれと何ら大きく変わりはありません。

しかしながら、以下の条件に当てはまる方は控えた方が良いかもしれません。

■ご高齢で足腰が悪く、日常生活に若干影響が現在ある方

→事故や怪我の危険性がある為

■空き家が居住地から遠方にあり、お仕事がお忙しい方

→行く時間と交通費が必要になる為

■不動産や修繕に関わる予備知識が殆どない方

→簡易的な修繕も行えず、老朽化のスピードを遅らす事ができない為

空き家を管理するとひとえに言っても、それはなかなか大変な作業です。キレイに保存しておいて、いつでも住めるような状態にしておきたい場合、月に二回は手入れに出向かなければならなくなります。

例えば遠方に住んでいるような方であれば、隔週で手入れをするためだけに空き家に行くというのも大変な話です。

となれば・・・

当社で空き家管理サービスを利用すれば解決!
工務店直営のプロ目線でお家をガード!!

akiya-002

サービス料金に関してはこちらをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。0120-721-340■営業時間
平日 / 9:00~18:30
日・祝 / 10:00~18:00
■ショールーム定休日
毎週火曜日(お正月・お盆・GWは変更有)

メールでのお問い合わせはこちら