大阪の賃貸マンション・アパートの5室に1室は空室という現実

賃貸マンションオーナー様にとって空室は重要な問題です。

大阪府の賃貸用住宅の空室率は20.1%【引用「HOME’S 見える!賃貸経営」(総務省統計局「住宅・土地統計調査報告」をから計算)】だそうです。実に5室に1室は空室となっています。

その原因の1つとして、大阪府では貸家の月間の着工数が2,200戸~2,500戸という高い水準が2年以上継続しているため、供給過剰となっているようです。

銀行からの融資を受けて、賃貸マンションを所有されているオーナー様にとって空室率は死活問題だと思います。

ホープ・リノベーションでは、賃貸マンションを1棟所有されているオーナー様に対しての「賃貸空室対策」についてのご提案を致します。

賃貸マンションの現状を維持し、お部屋を現在のニーズに応じたリノベーションをする「現在のニーズに応じたリノベーション

賃貸マンションから「⺠泊・簡易宿泊施設に対応したお部屋」へ変更する「民泊・簡易宿泊施設へのリノベーション

以上2パターンのご提案です。

お気軽にお問い合わせください。0120-721-340■営業時間
平日 / 9:00~18:30
日・祝 / 10:00~18:00
■ショールーム定休日
毎週火曜日(お正月・お盆・GWは変更有)

メールでのお問い合わせはこちら